フロアコーティングとは?

フロアコーティングとは

フロアコーティングはフローリングの保護、美観、機能性の付与を目的として、フローリングの表面にコーティング剤で塗装し硬化させ、被膜を形成(コーティング)することでフローリングの耐久性・耐水性・耐薬品性を飛躍的に向上させることをフロアコーティングと言います。

フロアコーティングの被膜は撥水性、耐水性、防汚性、耐薬品線などの機能性が備わり、フローリングへの水拭きなどのお掃除やアルコールを使ったお掃除などを可能にします。

硬度な被膜は、耐傷性、耐摩耗性、防滑性など様々な耐久性が備わり、日常生活で起こりうるフローリングへの負荷を軽減し、フローリングを長期間保護することを可能にします。

フロアコーティングの種類によってフロアコーティングの仕上がり、光沢感に違いがあります。

フロアコーティングの特徴的な機能性

フロアコーティングには耐薬品性に特化した被膜という特徴が御座います。耐薬品性によりアルコールなどのお掃除が使用可能になります。耐薬品性のあるフロアコーティングがフロアコーティングであり耐薬品性のない水溶性のコーティングはワックスの種類となります。

フロアコーティングの必要性

フローリングへのフロアコーティングは、フローリングが木質性の為、水分が大敵となり、耐水性を向上させることは、フロアコーティングの必要性の一番の要因となっております。

フロアコーティングの種類

フロアコーティングの種類は、ガラス被膜を形成するガラスコーティング、紫外線照射機を用いて被膜を瞬時に硬化させるUVコーティング、シリコーン樹脂被膜のシリコンコーティング、現在この3種類のフロアコーティングが主流となっています。

フロアコーティングとワックスの違い

まず最初に定義しておきたいことはフロアコーティングとワックスがフロアコーティングと称されえている現状に違和感があります。当社の定義ではワックスは目的が美観で被膜が汚れを抱え込む性質で、フロアコーティングは目的がフローリングの保護で被膜が汚れを抱え込まない性質です。

フロアコーティングとワックス 何が違うの?

フロアコーティングとワックス、最大の違いは「汚れを抱え込む被膜をワックス」とした場合、「汚れを抱え込まない被膜がフロアコーティング」となります。汚れを抱え込まないコーティングは、UVフロアコート・ガラスコート・シリコンコートの3種類となります。この3種類は塗装商品となり、被膜の中に汚れは浸透しません。被膜の上に付着した汚れを落としていくメンテナンス方式です。何もしていないフローリングへは水拭きはあまり適していませんが、この3種類は耐水性が高く、水に溶解しない被膜の為、水拭きのお掃除を可能にします。また被膜が耐薬品性に特化しておりますので、アルコールを用いたお掃除も可能です。アルコールを用いることが可能な商品は、床面を衛生的に保ちやすくします。また汚れを抱え込まない被膜は、そもそも剥離洗浄の必要がありません。その為、剥離洗浄による負荷がフローリングへ掛からず、結果的に長い耐久性が得られる商品となります。

水性ウレタンコーティングや水性アクリルコーティングは水に溶ける性質なのでワックスの分類になります。

汚れを抱え込む被膜ワックスを除去した汚れの残骸

床を清潔に保ちたい。長くキレイに衛生的に使いたい。

フローリングは汚れやすく水に弱い性質なのでメンテンナンスが大変ですが、フロアコーティングをすることで、耐久性、耐水性、耐薬品性が向上し、お手入れが容易になります。フロアコーティングありなしでのお掃除の違いを詳しくまとめてます。

一度の施工で長期間効果が持続

フロアコーティングは一度の施工で長期間効果が得られるため、従来のワックスなどによる定期的なメンテナンス塗り直しが必要なく、フローリングに起こり得る様々な劣化から守り、防汚効果により普段のお掃除を驚くほど簡単に、そして被膜の抗菌効果と合わせ、アルコールを用いたお掃除も可能なことから、フローリングの表面を衛生的に保つことを可能にしてくれます。

S-STYLEのフロアコーティングは3種類

当社で取り扱いしているフロアコーティングは汚れを抱え込まない被膜の3種類、ガラスコーティング、UVコーティング、シリコンコーティングとなります。

ガラスフロアコーティング プレミアムコートUVフロアコーティング UVコートシリコンフロアコーティング シリコンコート