防カビコーティングが選ばれる

キッチンコーティング イメージ
check 水廻りのカビが気になる。
check 収納などのカビが気になる。
check 和室の畳のカビが気になる。
check 衛生面・健康面が気になる。(アレルギーなど)

防カビコート

抗菌滅菌処理

清潔かつ衛生的に保ちたい所ほどイヤなカビが生えやすいものです。お風呂場やキッチン、トイレ、クローゼットや押し入れになどにコーティングしておけばカビを防ぐことができ清潔かつ衛生的に保てます。カビを遮断しアレルギーの原因となる空気中の胞子・微生物を激減させ阻止帯(プロテクト)を作り出しますので安定した効果が長時間持続します。またコーティング剤が浸透性に優れ、酸・熱・有機溶剤で分解しないので頻繁にカビが生えやすい所でも効果が持続します。さらにホルムアルデヒド及び労安法、PRTR法に於ける916物質を一切使用してないので、アトピー・アレルギー・科学物質に敏感な方・幼児・お年寄りのいる住まいにも安心なコーティングです。

防カビコート イメージ

防カビコートの特徴

現在確認されている日常生活上すべてのカビに対して絶大な効果があります。酸・アルカリに強く浸透性が優れているため効果が持続します。また、耐性菌ができにくいという特徴があります。

防カビコートの安全性

当社の使用している防カビコートは(財)日本食品分析センター、(財)科学技術戦略推進機構でも高い安全性が確認されています。

防カビコートの主な施工場所

浴室・洗面所・トイレ・キッチン・クローゼット・ウォークインクローゼット・押入れ・天袋・下駄箱・畳・畳下など
施工前、施工後

防カビコート施工風景

防カビ 施工
カビが繁殖しやすい、排水溝や排水口はもちろん、タイルの目地や風呂ガマの内側まで、見えない場所も丁寧にコーティングします。

防カビコートを無添加の食パンで実験 30日後

防カビコートの実験画像

危険なカビたち

危険なカビたち 防カビ住宅内で発生するカビの種類は約60種類ほどあるといわれています。ほとんどのカビは湿気を非常に好み、温度が20℃・湿度が60%を超えると活性化し、空気中にカビの胞子が飛散され、空気が対流しない場所に胞子が根付き繁殖します。カビは発がん性物質であると同時にアレルギーや感染症を引き起こすことがわかっており、カビが発生した住宅や施設では早急な対策が必要となります。また、カビの臭気は通常の臭気に比べて、10000倍薄い濃度でも人間の鼻ではっきりと感じるほど強く不快な臭気です。これは人間の鼻が本能として持っている危険予知能力のせいでもありますが、それだけにカビは危険であると同時に、対策が非常に困難な臭気の一つとしてあげられる原因なのです。

フロアコーティング価格 御新築・未入居割引価格

限定お得情報、自動見積り。いますぐ値段がわかります

お問い合わせお見積りはコチラをクリック

御相談などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル

電話受付 AM9:00-PM19:00

防カビコーティング 最新Q&A



浴室は施工後、何時間後から使用できますか?
施工後24時間は水の使用を施工箇所の水の使用を控えて頂き、水分の付着を避けコーティング面に触れないようにお願い致しております
浴槽の外側のカバーを取り外してその中も施工対象でしょうか?
浴槽のエプロン内部にも施工いたします。施工後のメンテナンスはエプロンカバーを定期的に取り外し、石鹸かすなどの汚れを洗い流して頂く事がお勧めです。
浴室は普段どのようにメンテナンスするのがお勧めでしょうか?
浴室につきましては、使用後、石鹸カスなどをシャワー(お湯)で流して頂き、その後全体に水(この場合は水)をかけることにより、温度が下がり、カビの抑制に効果的です。またできるだけ水滴を残さない事(ホームセンターにあるスクウェーパーなどで)、換気を良くして頂く事が効果的です。(空気が滞留しない、栄養素となる汚れがあること、20度の温度、湿気湿度によってカビは活性化します)(カビは肉眼で確認できなくとも胞子を飛ばしますので、予防は必要です)皮膜は酸、アルカリにも強い面を持っておりますが、弱酸性、弱アルカリ性の洗剤を避けて頂き、中性の洗浄剤を使用するのが適しております。